Why choose tennis for your child? なぜ子供にテニスを学ばせるか? ?>

Why choose tennis for your child? なぜ子供にテニスを学ばせるか?

Why choose tennis for your child?  なぜ子供にテニスを学ばせるか?(日本語訳あり)

Tennis is the greatest game in the world.  I can honestly say I would not be the person I am today without the influence of the game.  Of course sports in general can teach profound life lessons but tennis is unique because it is primarily an individual sport but can be played as a team as well.  Here are the top 5 profound lessons I believe tennis teaches.  I think often we can get caught up in tournaments, rankings, team records, and college scholarships.  If a child learns these 5 things from tennis, regardless how far they get competitively, they will be successful.

#1 – Develop a Strong Work Ethic

To be good at tennis it takes hours upon hours of training and practice.  There is no magic or secret recipe. The formula is simply good old fashioned hard work.  Players learn that hard work beats talent when talent does not work hard.

#2 – Dream Big and Go after It

Tennis allows children to dream big, aiming for the high school varsity team, winning a tournament, playing in college, and maybe even beyond.  They then learn how to make these big dreams take shape in the form of goals and objectives along the way.

#3 – Learn That Setback & Successes Are Both Helpful

There will be both setbacks and success over the course of a tennis career.  A professional tennis player was once asked what attribute was needed to be successful at that level and his answer was “a stomach for losing.”  Children learn that successes are an opportunity to grow and build confidence while setbacks are an opportunity for improvement and reveal character.

#4 – Develop Perseverance

Perseverance is the virtue that allows an athlete never to quit, no matter how great the adversity.  Children discover how difficult it is to keep going when things are going poorly, but at the same time are developing courage.

#5 – Learn How to Seize the Moment

Competitive players quickly learn the opportunity to take charge of a tennis match present itself quickly and can disappear even faster.  It is a learned skill to recognize this moment and be willing to dive into it.  Children learn that dreams and goals can be made but courageous action must be taken when the time comes to take advantage of an opportunity.
These 5 lessons happen over the course of a child’s long-term development in the sport of tennis and they take some nurturing as well.  They are not always easy lessons to learn either but just as many things in life nothing truly worthwhile is typically easy.


 

なぜ子供にテニスを学ばせるか?

 

テニスは世界で最も素晴らしいスポーツです。正直な話、今の私の人格形成はテニスの影響抜きには語ることができません。尤も、他のスポーツでもいろいろな価値観を学ぶことができるのですがテニスの特異性としては主に個人戦として戦われますが、チームとしても戦われることです。以下は私の選んだテニスをすることで学ぶことのできるレッスントップ5です。時に人はトーナメントやランキング、チームの記録や奨学金のためなどということに気を奪われがちですが、これら5つのことさえしっかり身に着けていくことができれば成績に関係なくお子様は成就していくことでしょう。

 

#1 – 勤勉性の構築

 

テニスの上達には何時間にも及ぶ練習やトレーニングは欠かせません。魔法や秘伝の上達方法などはないのです。基本は単純に伝統的なハードワークの積み重ねです。いつしか努力する凡人は努力しない天才にも勝ると分かるでしょう。


#2 –
夢は大きく、それを追いかける

 

テニスには子供に大きな夢を抱かせることができ、高校の代表チーム入りや、トーナメント優勝、大学でプレーすることやはたまたその先までも。それを追いかけていく過程でお子様はいかにその夢を具体的な目標としていけるかを学ぶことでしょう。

 

#3 – 挫折も成功も貴重な教訓であるということ

 

長くテニスをプレーしていくうえで成功もあれば挫折することもあるでしょう。あるプロ選手はある時プロとして成功するために必要な気質とは何かについて尋ねられるとこう答えたそうです。
「負ける勇気」。お子様にとって、成功することは成長と自信を積み上げていく絶好のチャンスですが、挫折を味わうことも上達するために、また己を知るためにも必要なことだと学ぶことでしょう。

 

#4 – 忍耐力を養う

 

忍耐力とはアスリートにとってどんな逆境にも耐えていき、あきらめない心を支える美徳です。お子様はうまくいかない時にも続けていくことがいかに大変であるか、と同時にそのことで勇気を養っていることに気付くはずです。

 

#5 – いかにして勝機をつかむか

 

競技としてプレーする選手はいかに試合の主導権を握るか、そしてそのチャンスの瞬間は目まぐるしく行き来する、ということをいち早く覚えます。勝機を見逃さずものにしていくそのスキルは練習することで身に付きます。お子様は夢を見ることはできても、実際にそれを現実のものにするためにはチャンスを逃さずトライしていく勇気を身に着けることが必須になるでしょう。

 

これら5つの教訓を得る機会はお子様にとって長いテニスレッスン期間のうちに何度となく訪れ、また、彼らには育成も必要になってくるでしょう。お子様にとっては決して簡単なことではないでしょう。しかし、それはこれから起こりうる数多くの教訓も同じことです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *