〜私が子どもにテニスを勧める理由〜 by シャイギギ ?>

〜私が子どもにテニスを勧める理由〜 by シャイギギ

私は、テニスこそが子どもにとって最高のスポーツだと自負しております。テニスには、元気で活発な子どもを育てる以上の価値があるのではないでしょうか。今日では多くの子どもが非常に早い年齢でテニスラケットを握っており、四歳からテニスを始めて、多くの大会に出場するケースも珍しくはありません。

成長と向上の過程

幼少期に、子どもは安定した速度で成長していきます。しかし、子ども達の運動能力だけは少し速い速度で変化していきます。テニスのような運動能力への集中が必要とされるスポーツに、子ども特有の運動能力発達速度を効率良く用いることで、周囲の子どもの中でも秀でる運動技術を身につけることが可能となります。

子どもの身体的発達

「キッズテニス」を通して、年齢の低い子ども達でも普段の練習において身体的発達に繋がる経験値を積むことができます。テニスは、運動の初歩的技術、エアロビクス的運動、又、スピード競技において非常に効果的であると証明されてきました。更に、脚力の向上、バランス力の上達、優れた運動能力の習得もテニスにより可能となります。

柔軟性

スポーツに親しんでいる子どもは、周囲の子どもよりも高い身体の柔軟性を持っています。テニスにおいて、練習や大会前後のストレッチは必ず行うことになっています。これにより、実際ラケットを手にしている時以外でも身体の柔軟性を育むことができます。

心理的スキル

「キッズテニス」の開設以来、多くの子ども達の成長を見届けることができました。その中でも特徴的だったのは、より多くの時間を練習に費やしている子ども達は、その年齢には信じられないほどの社交性、自己管理能力、責任感を持っているということです。

子どもの成長段階において、失敗はつきものです。しかし、当テニススクールに多くの時間通っている子どもは、それらの失敗にどのようにして向き合い、解決していくかを身につけます。子ども達が練習に参加する時間が多ければ多いほど、コートでどこから飛んでくるか分からないボールに向き合うように、日常生活における問題や課題にも向き合うことができるようになります。

テニスのような運動を行うことで、他者とのコミュニケーションも身につきます。若い年齢のときにこのような経験をすることほど、将来役に立つことはないのではないでしょうか。コートの中で他の子ども達とやりとりをする中で、自然とコミュニケーション能力が身についていきます。

〜最後に〜

テニスを通して、問題解決能力やコミュニケーション能力はどんどん身についていきます。テニスは、練習を積み重ねた後に経験する勝利の喜びや負ける悔しさだけでなく、真のスポーツマン・シップを子どもに身につける運動競技です。コート内でのチームワークは、日常生活と今後の人生にも直接的に繋がっていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *