Browsed by
Category: Uncategorized

ローズ TENNIS LESSON(中国広州) ?>

ローズ TENNIS LESSON(中国広州)

ジンジテニスと提携している中国広州のテニススクールのご案内です。中国広州に行かれる際はここローズテニスでプレーを楽しんでください! ローズ TENNIS LESSON ご案内    コーチ プロフィール:厳文赫  *PTR AD,PERF , JD,PT コーチ LESSONのご案内 *特徴:分かりやすく、楽しく、丁寧に教え、レベルの向上を目指します。 1. クラス別のご案内 平日レッスンは初級班、中級班に分かれているので、ご自分のレベルに合うクラスに参加できます。 初級班: 月曜日 10:30~12:00 火曜日 10:30~12:00 水曜日 10:30~12:00 木曜日 10:30~12:00 金曜日 10:30~12:00 中級班: 月曜日9:00~10:30 火曜日9:00~10:30 水曜日9:00~10:30 木曜日9:00~10:30 金曜日9:00~10:30   週末lesson yellow ball lesson 土曜日8~9:30 green ball lesson 日曜日8~9:30 orange ball lesson 土曜日、日曜日9:30~11:00 Red ball lesson 土曜日,日曜日 11~12:00   …
2017 サマーテニスキャンプ レポート ?>

2017 サマーテニスキャンプ レポート

ジンジテニス毎年恒例のサマーテニスキャンプが無事終了しました。 6月26日〜30日の第1セッション、7月3日〜7日までの第2セッションと、元気いっぱいのキッズ・ジュニア達が参加してくれました。広尾の聖心インターナショナルスクールで開催しました。 ジンジテニスでは子供達のココロと体、そして英語力が伸びるようインターナショナルなテニス環境を提供しています。今回のキャンプでも異なる国籍・文化を持った子供達が集まり一緒に学びプレーしました。普段は英語が苦手な日本の子供達でも、テニスを通して海外の仲間とコミュニケーションを取りながら、自分を一生懸命に表現していました。 さあ、キャンプスタートです!どんなコーチだろう?誰とレッスン受けるんだろう? 1日目はみんなドキドキです。 コーチ、各自の自己紹介をして(英語で)まずはウォーミングアップから。ラケットを使ったボールのコントロール練習です。ボールに慣れる事からスタートして行きます。 キャンプを通して、体力づくりやフィットネスのエクササイズ、テニスの基本となる5つのショット(フォア&バックハンドストローク、ボレー、スマッシュ、サーブ)を学びました。初めてラケットを握る子供達もいましたが、どんどん上達して行きました!   キャンプ後半はゲーム形式で身につけたショットを試します。ゲームに向けてチームで作戦会議? なんだろう? レッスンの最後に必ず一日の振り返りを行います。今日のレッスンで覚えていることは? うまく行ったことは? 一人ずつ仲間の前で発表します。”ゲームが楽しかった!フォアハンドがうまく行った!ボレー!”などいろいろな意見が出て来ます。人前で自分の意見を言うことで(英語で)自己表現の成長の機会となります。 最終日はゲーム形式で楽しく真剣に競い合い。みんな頑張りました。1位おめでとう!!! 最後に集合写真です。参加してくれたみなさん、本当に良く頑張りました!ありがとう。 そして、来年の参加もお待ちしています!
子供の可能性を引き出す ?>

子供の可能性を引き出す

こんにちは。コーチYamaです。 前回に引き続き、加藤コーチのエピソード(第2弾)をお送りします。 テニスを通じてコミュニケーション力をどう養うか?子供の可能性をどう引き出すか?大学生まではコミュニケーションが苦手だっという加藤コーチならではの視点です。 ではどうぞ。 --------------------- 【コミュニケーションの本質】 今回はすこし引っ込み思案だった子との想い出と「今」についてお話したいと思います。 初めてレッスンしたのはその子が小学一年生の時でした。 口数は少なく多くの子の中にいると埋もれてしまいがちな男の子でした。 いつも後ろの方に隠れてレッスンを受けていました。 僕の問いかけにも軽く頷くばかりでテニス好きなのかなぁと考えた事もありました。 そんな彼の姿を見ると、自分の子供の頃を思い出してしまいます。 僕も昔は口数も少なく、人と話すのが苦手だったな。。。 そんな自分の経験を生して、その子と向き合いました。 そうすると段々その子の良い部分が見えてきたのです。 よく観察してみると彼は球拾いは誰よりもきちんとするし、コーチの説明を一度も間違えた事が有りませんでした。 それはなぜでしょうか? 彼は本当に「テニス」が好きだったのです。あまり自己表現するのが苦手なのでそうは見えないかもしれませんが、誰よりもテニスが好きだったのです。親のためでもコーチのためでもなく自分のためにテニスをしていました。 段々とプレーをしている時の表情が豊になり、自然と笑顔が出るようになりました! その笑顔を見た時、僕は本当に嬉しかったです。 彼は自分の思い描いたショットやプレーを努力して出来る(達成される)ようになることに、本当に喜びを感じていました。 子供の中には「褒められる」事を求めてテニスをしたり大人の前で良い格好をする事が目的に(これは大人の接し方も悪かったりします)なり本来の目的とすり替わってしまう子がいます。 淡々とテニスをする彼は「基礎」がしっかり身についていきました。 きっとその頃からテニスの「本質」を理解しようと本能的にしていたのだと思います。 大人はどうしても自分の経験を投影して子供の将来を考えると「不安」要素が募ってしまいます。コーチも同じです。 でも、子供は全く別のpersonalityを備えています。 かわいい子には旅をさせよ! ~If you love your child, send him/her out into the world!! 価値のある場所に行くときは必ず「不安」がついてきます。 不安が大きいほど乗り越えた「自信」は大きくなり、その子を強くしてくれます。 目に見えない自信の積み重ねが彼自身を成長させました。 その後、その彼は14歳でテニス留学をして、多くの壁を自分自身で乗り越え、信頼できるコーチ達に「きっかけ」を与えてもらいました。今はATPポイントを取り、将来は全米オープンチャンピオンを夢に掲げて邁進しています。 「人生」を長いスパンで考えた時に子供の頃の「個性」は大切だと僕は考えています。 一見、消極的に見えるお子様こそ無限の可能性を秘めているのだと思います。 そんな子供達の可能性を引き出すことに喜びを感じております。 皆さんの参加をお待ちしています。 【加藤コーチのレッスンスケジュール】 《金曜 5-6pm Under-12》 《金曜 6-7pm PrivateLesson》 《金曜 7-8pm adult…
テニスキャンプ始まりました! ?>

テニスキャンプ始まりました!

6月26日よりテニスキャンプ第一弾がスタートしました。午前の部(9時から10時半)、午後の部(16時半から18時)には元気一杯のキッズ・ジュニアがコートを走り回りました。 初対面で最初はドキドキしていた子供たちも、コートで体を動かしていくうちにどんどん打ち解けていきました。スポーツの力はスゴいですね。 コーチギギがテニスの基本について指導しています。”フォロースルー” みんな言えたかな? 子供達の笑顔が最高ですね。コーチとしても楽しんでいる姿を見るのは嬉しいです。 キャンプ第2弾 (7月3日(月)〜7月7日(金)) もやります。まだ空きがりますので、ご参加をお待ちしています! 時間:午前の部:9:00 – 10:30am 午後の部: 16:30 – 18:00 料金:15000円(1週間) 場所:聖心インターナショナルスクール(広尾) 東京都渋谷区広尾 4-3-1 ————– Please contact us at: お問い合わせ(日本語でお気軽に) Shai Gigi シャイギギ Mail shai@jinjitennis.com Mobile:080-3576-1300
テニスでコミュニケーション力をアップ ?>

テニスでコミュニケーション力をアップ

皆さん、こんにちは。コーチYamaです。 今月から新コーチとして活躍している加藤コーチ。人生経験も豊富で個性的です! そんな「加藤コーチ」のストーリーを本日から数回に渡ってお伝えしていきます! 「コミュニケーションが苦手な方お待ちしております♪」 実は僕、大学生まではコミュニケーションが苦手で(今でいうコミ障?)友達の作り方は勿論、女の子と話すのが大の苦手でした。多分、今の僕と合った事がある方は露だに感じないと思いますが、かなりの苦手で、余りにも苦手過ぎて初めて買ったのが「映画から学ぶ恋愛心理学術?」(確かこんなタイトル)でした。 当時は彼女が欲しかったのでしょうね。それに異性と気楽に会話できるなら同性とも上手く行く!と思春期ながら感じたのでしょう。 今でも心理学の本は好きで読んでいますが(流石に恋愛って歳でもないので、専らハマって入るのは医学博士でもあり脳科学者でもある中野信子さん)やっぱり人と人ってのはロジックじゃないからこそ、お互いの気持ちをわかろうとするのは永遠のテーマなんでしょうね、角度を変えて読むのは本当に楽しいです。(趣味が高じて心理カウンセラーの資格まで取ってしまいました、笑) 15年間、休まずテニスコーチをさせて頂いたお陰で見た目はコミュニケーションが苦手とは思われなくなったみたいですが、いつも気持ちはドキドキ!です。 特にヒルトンのお客様はスポットでお見えの方が多いので毎回緊張の連続です(心の中では特に!) 人見知りの方や人と接するのが苦手な方でもお待ちしておりますょ。 僕も得意ではありません(笑) でも、テニスと言う素敵な媒体を通すことでボールを通じて会話ができると思います。 ご参加お待ちしていますね! 【加藤コーチのレッスンスケジュール】 《金曜 5-6pm Under-12》 《金曜 6-7pm PrivateLesson》 《金曜 7-8pm adult stroke development》 《金曜 8-9pm AdultPrivate/Group Lesson》   レッスンのお問い合わせは以下まで Email shai@jinjitennis.com
テニスキッズデーは快晴! ?>

テニスキッズデーは快晴!

皆さんこんにちは コーチYamaです。 5月28日(日)にテニスキッズデーが新宿ヒルトンで行われました。 この日は晴天に恵まれ、キッズ達も元気にテニスコートを走り回りました! 2時間の集中レッスンで、ボレー、ネットゲーム、ランゲーム、ラップ競争まで、コーチギギが丁寧に指導しました。 子供達には、インターナショナルな環境で新たな友達との出会いを楽しんでもらいたいと願っています。   6月にはテニスサマーキャンプを広尾で開催します。詳細はこちらです。 http://blog.jinjitennis.com/index.php/2017/05/09/summer-tennis-camp-in-tokyo/ 皆さんの参加をお待ちしています!  
新コーチ紹介 加藤コーチ ?>

新コーチ紹介 加藤コーチ

新しくジンジテニスに仲間入りした加藤コーチです。新宿のヒルトンで金曜のレッスンを担当します。 これまでジュニア育成から一般向け指導まで10年以上のコーチ経験があります。なんと合気道も10年以上やっており、テニスの指導にも取り入れています! 見た目も若くエネルギッシュです(年齢聞いたらびっくりしますよ!) これからの活躍に期待してください!   《加藤コーチのレッスンの特色》 全てのレッスンにおいて錦織やジョコビッチ、フェデラーやマレーなどの最新のテニスの打ち方を指導致します。 《金曜 5-6pm Under-12》 テニスの楽しさと基本の打ち方とフットワークを指導します 《金曜 6-7pm PrivateLesson》 お客様のニーズに応じて技術指導致します、試合前の調整にもご利用ください。 《金曜 7-8pm adult stroke development》 ストロークの技術を球出しやラリーで実践的に使えるように練習致します。 《金曜 8-9pm AdultPrivate/Group Lesson》 お客様のご希望にお答えします。基本をしっかり身につけるのもOK!! 試合を想定しながら生きた球を練習するのもOK!!とにかく汗をかいて運動不足を解消したい方も大歓迎します。球出しやラリー、お好みに合わせてアレンジ致します。   レッスンのお問い合わせは以下まで Email shai@jinjitennis.com
テニス&ぎっくり腰日記. 発症〜復帰まで ?>

テニス&ぎっくり腰日記. 発症〜復帰まで

こんにちは。コーチYamaです。 皆さん、ぎっくり腰で苦い経験されたことありますか? 恥ずかしながら、私は30代後半、40代の前半に2度やってしまいました。 特に2回目はひどかったですが、その時の発症から完治までの様子をまとめました。 前兆 ぎっくり腰発症の1週間前に試合に出てハードコートでシングル4試合、かなり体に負荷がかかってたと思います。その翌日にちょっと無理をしてハードな練習。この時すでに腰に疲労感や違和感を感じてましたが、忙しくて体のケアする時間がとれませんでした。実はこれが体を休めなさいというサインだったのです(後でこの意味が分かります) ぎっくり腰当日 その日は体の調子が良く気持ちよくラリーをしていてトップスピンでフォアを振り抜いた瞬間に、”ピキっ”としてはいけない音が体の中から聞こえて来ました。さらに、その瞬間に頭の中が”キーン”という音がなり、これはやばいと思いました。その場にうずくまり、ゆっくりベンチまで歩き休みましたが、もう普通に歩ける状態ではありませんでした。家にはなんとかたどり着きましたが、痛みはここからピーク。湿布を貼ってベッドで寝るものの寝返りもうてない状態。どんな体勢をとっても痛くほぼ熟睡も出来ませんでした。 1日目 まだまだ酷い痛み。動くとぐさっとナイフで突き刺されたような痛み。念のため整形外科で診てもらおうと思いましたが、あまりにも痛みが酷くて断念。前回のぎっくり腰よりひどい状態なことを自覚。トイレに行くために、ベットから起きるのもひと苦労。はってトイレまでたどり着くも、その後の試練が便座に座ること。すべての動きに対して腰にズキッ、グサッと痛みが走る。そんな状態のまま1日目が終わりました。完全寝たきり状態です。 2日目 1日目とあまり変わらない状態。だんだんと不安になってくる。もしかしてヘルニアとかだったらどうしよう。。。 今日こそは病院に行かなければと、近所の整形外科までタクシーで。タクシーの後部座席に乗るときに、腰に負担がかかり叫びたくなるような激痛が。レントゲンとって診療してもらって、急性腰痛症と診断される。ヘルニアとかじゃなくて良かった。基本は安静にして、でも少しでも動けるようになったら日常の生活動作はした方が良いと言われました。でもまだまだ日常生活は無理。この日から段々といつ仕事に復帰出来るのだろうかと不安になってくる。 3日目 少しずつ痛みが和らぐがまだまだ歩行困難。この日も一日中ベッドで安静。寝返りはゆっくりすれば大丈夫ですが、変に捻ると激痛が走ります。ベッドから起き上がるのが辛い。仰向けに寝た状態で膝を立てて、膝を横に倒して、足をベットからおろし、腕の力で体を起こす。これであれば少し楽に起き上がれます。 4日目 この日から痛みが和らいでくる。コルセットをして日常生活の動作を家の中で行うようにした。でも5分も動いていると腰が痛くなってくる。まだまだ時間がかかりそうと落ち込む。 5日目 昨日より痛みは軽減してくる。この日から外での歩行訓練を開始した。コルセットをつけてゆっくりと30分くらい歩く。外を歩けることに感動した瞬間でした。 6日目 さらによくなる。日常動作が普通のスピードで出来るようになる。トイレでしゃがむ動作も問題なし!少し早足で歩いてみる。でもまだ無理はしない。 7日目〜10日目 軽いジョギングも大丈夫なほど回復。ただ、腰に負荷がかかった時に”ぐさっと”と刺されたような痛みが走ります。テニスはまだ怖くて出来ない。 11日目〜13日目 コートに立つもまだ普段通りの動きが出来ない。少しずつ体を確かめながら、各ショットの感触を確かめる。 14日目 結局レッスンを再開できたのは、ぎっくり腰をやってから2週間後でした。 ぎっくり腰も軽度から重度までありますが、ならないことが一番。そのためには、 ① 無理しないこと(体に無理がきている時は何らかのサインが出ていると思います) ② 柔軟・体幹を鍛えること だと思います。 次回はぎっくり腰にならないために、自分が日々取り組んでいる柔軟と体幹トレーニングをご紹介します。
Summer tennis camp in Tokyo 夏休みテニスキャンプ(東京広尾) ?>

Summer tennis camp in Tokyo 夏休みテニスキャンプ(東京広尾)

Hot shot Tennis camp Jinji Tennis Center is offering summer junior tennis lessons at ISSH students aged 6 -14 years old, whose skill sets range from first-time beginner to intermediate players. Everyone welcome All the students will learn body coordination skills, fitness guidelines, tennis rules, 5 basic shots, and how to play a doubles game.…
シニアテニス 生涯プレーを楽しむには? ?>

シニアテニス 生涯プレーを楽しむには?

こんにちは。コーチYamaです。 今日はJinjiテニスで10年以上プレーされている、Fさんのお話をシェアしたいと思います。Fさんは70代のシニアプレーヤーで、新宿のヒルトンで週3回早朝プライベートレッスンを受講されています。 今朝レッスン後のFさんとお話する機会があったので、 ”生涯テニスをする秘訣は何ですか?” と質問しました。 まず1つ目は、無理をしないでプレーを楽しむこと。だそうです。 30代・40代はまだまだ勝ちたいという意識が強かったそうですが、そうするとどうしても無理をしがちで怪我にも繋がってしまう。Fさんは実際に肘を怪我されたそうです。今は無理をしないで楽しむことに意識を向けているそうです。例えば、ラケットの真ん中でボールを捉えたという感触。それを感じるだけでも楽しいそうです。 確かにスイートスポットで球を捉えると爽快な気分になりますよね。そこに意識を向けるわけですね。なるほど。 2つ目は、プレーの後の爽快感を楽しむこと。だそうです。 冬の朝は気温も寒いしまだ薄暗い時もあります。そんな時は今日はテニス行きたくないな〜と心が折れそうになる時もあるそうです。これは私も同じような気持ちになりますので、よくわかります。そんな時はテニス後の体がリフレッシュした爽快感をイメージされるそうです。テニスをやって、これから一日をスタートするぞ!という清々しい気持ちをイメージする。そうすると足はテニスコートに向かっていくそうです。 とても良いお話を聞けました。 私も生涯プレーを目指して頑張りたいと思います! シニア向けのレッスンプログラムはこちらです。 http://www.jinjitennis.jp/tennis65